任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納 ・ 競売 ・ 差押えでお困りの方へ

お気軽にお問い合わせください
文字サイズ
任意売却トップ » 任意売却とは?

任意売却とは?

任意売却とは住宅ローンが払えない、滞納しているなどで、近い将来競売になってしまう不動産、又は競売・差押えになりかけている不動産を債権者(金融機関等)の同意を得て所有者の意思(任意)で売却し債務整理をすることです。
住宅ローンを組むときには金融機関がその担保として不動産に抵当権の設定をします。 これは「万一返済できない時はその不動産を売却して返済してください」ということです。 そのため不動産を購入した後に収入が減ったなどの理由で住宅ローンの返済が困難になり、返済が滞ってしまうと債権者から競売の申し出をされてしまいます。競売の場合転売目的の不動産業者が落札する場合が多く、市場価格のおよそ70%程度の低い価格での売却となり多くの残債務が残ってしまいます。 そうなる前に任意売却で少しでも高く売却できれば、債権者へより多く返済ができます。
任意売却とは全ての債権者の同意を得ていずれは競売されることになる不動産を一般の不動産市場で売り出し売却を図るという試みです。

住宅ローンを滞納し続けるとどうなる?

あなたが住宅ローンや不動産を担保にした借入金の滞納をしてしまった場合、そのままにしておくと通常は債権者(借入先)が担保不動産の競売の申し立てを行うことになります。
競売にかけられるとあなたのご自宅はあなたの意思とは関係なく売りに出されてしまいます。 入札制度によって「最高金額を申し出た者」が購入の権利を得ますが(落札)いくらで売れようと代金はすべて借金の返済に充てられるためあなたの手元にお金が残ることはありません。しかも、競売では、ほとんどの場合が市場より非常に安い価格でしか売れないため、家を失った後も多額の借金が残ります。
また、引渡しの時期は落札者の都合で決まるためあなたは現在お住まいの住宅から強制的に退去しないといけなくなります。
このように経済面だけでなく精神面でも非常に負担が重いのが「競売」です。

競売を避け有利に売却できるのが「任意売却」

法律で決まった手順に従って淡々と進んでいく競売と違い、任意売却なら少しでも有利な条件で売却できるよう金融機関と話し合うことができます。また売却後の残債についても無理の無い返済金額を設定し交渉できます。
金融機関も再度の滞納にならないように考慮しているので、通常は無理な支払いを強いられることはありません。
さらに引っ越しの時期についても相談に応じてもらえることが殆どですから前向きな気持ちで新しい生活に向けての準備を計画的に進められます。

 

お気軽にお問い合わせください

 

 

東京23区、さいたま市(浦和区、南区、大宮区、中央区、緑区、桜区、北区、西区、見沼区、岩槻区)
川口市、蕨市、戸田市、和光市、新座市、朝霞市、志木市、富士見市、ふじみ野市、川越市、鶴ヶ島市、坂戸市、川島町、東松山市、越谷市、草加市、八潮市、吉川市、松伏町、春日部市、杉戸町、宮代町、幸手市、久喜市、加須市、羽生市、行田市、熊谷市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、蓮田市、白岡市、伊奈町、所沢市、狭山市・・・その他地域の方もお気軽にご相談ください。

 

 

滞納から競売までの流れ▶

 

 

PAGE TOP