任意売却の無料相談 住宅ローンの滞納 ・ 競売 ・ 差押えでお困りの方へ

お気軽にお問い合わせください
文字サイズ
任意売却トップ » 任意売却後の残債処理

任意売却後の残債処理

「なぜ任意売却が競売よりお得なのか?」でご紹介したとおり通常多くの場合が物件売却後に残債務が残ります。下記では任意売却後に残った住宅ローンの行方について説明します。

※下記は一例です。金融機関によって、任意売却への対応方針や残債務の取り扱いは大きく異なります。ご自分のケースがどうなるのか、詳しくお知りになりたい方は、電話・メール等による無料相談をご利用ください。専門の相談員が詳しくお答えします。

任意売却後の残債について

① 任意売却が完了しS様の残債務は386万円
② 債権者(銀行)は回収見込みの薄いS様の債権(無担保債権)を回収しきれません。
③ そこで多くの銀行(公的な金融機関以外)は残債務の債権をサービサー(債権回収会社) に破格の値段にて安く売却します。
④ S様の債権の価値が大幅に少なくなります。
⑤ サービサーとの交渉によってこの債権をS様がお支払い出来る金額まで引き下げます。

サービサーは債権者と違い、残りの債務をすべて取り立てようとはしません。サービサーに譲渡される債権のほとんどは債権者が取り立てを諦めた債権だからです。サービサーとしてはいくらかでも回収できればよいという考えなので交渉次第ではかなりの額まで減額することができます。

任意売却後の残債の行方!? 住宅ローンは消えません!

任意売却が終わると返済仕切れなかった住宅ローンも消えると誤解されている方もおりますが、決して残債は消えません。

任意売却完了後はサービサーと交渉出来るのはご本人又は弁護士・司法書士となります。
しかし当社がサービサーとの交渉方法など他アドバイスはいたしますのでご安心ください。 ご要望に応じて専門の法律家のご紹介も行います。
お気軽にお問い合わせください。

 

お気軽にお問い合わせください

 

 

東京23区、さいたま市(浦和区、南区、大宮区、中央区、緑区、桜区、北区、西区、見沼区、岩槻区)
川口市、蕨市、戸田市、和光市、新座市、朝霞市、志木市、富士見市、ふじみ野市、川越市、鶴ヶ島市、坂戸市、川島町、東松山市、越谷市、草加市、八潮市、吉川市、松伏町、春日部市、杉戸町、宮代町、幸手市、久喜市、加須市、羽生市、行田市、熊谷市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、蓮田市、白岡市、伊奈町、所沢市、狭山市・・・その他地域の方もお気軽にご相談ください。

 

 

買取実績▶

 

 

PAGE TOP